アズサてやんday

from rokujoma

今朝

派手に鳴り響くサイレンの音で目が覚めた。スマホを点けると、まだ朝の6時半。いつも昼近くに起きる私にとっては、夜中である。少なくとも2台の消防車が、直ぐそこの通りを走り回っているようだ。救急車の音は聴こえない。近くで火事かとカーテンを開けてみたけれど、明るくなってきた空に煙は見えない。

けたたましいサイレンは近所をぐるっと一周して反対側へ廻ったようだ。とても眠れそうにないので、twitterで市内を検索してみたが、何もヒットしない。煙が見えないなら、避難するほどの大火事ではないのだろう。大火事じゃなくても、消防車は何台も出動しなければならないのか。大変な仕事である。

丁度起きてきた母親に「すごいサイレンだったねえ」と言うと、「何の話?」と一言。6時から起きているけどサイレンなんて聞いてないし、夢だったんじゃないの、なんて言う。そんな筈はない。私は、6時半に目覚めてから今までずっと起きっぱなしだったし、サイレンが鳴り響く中、カーテンを開けて外を見ていたしtwitterを弄っていた。遂に、明晰夢が現実を侵食し始めたのだろうか。

もう一度、窓の外を見る。知らないうちに、サイレンは止んでいた。静寂の朝。